FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

日本初承認の「ダブル美白」効能 大塚製薬がスキンケアブランド「サクラエ」を発売

Nov 24, 2022.セブツー編集部Tokyo,JP
VIEW229
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
写真:セブツー

「ネイチャーメイド(Nature Made)」や「ポカリスエット(POCARI SWEAT)」などを手掛ける大塚製薬は11月24日、スキンケアブランド「サクラエ(sakuraé)」を発売した。大塚製薬のコスメディクス事業として14年ぶりの新ブランドで、メラニンの抑制と排出の両方に働きかける「ダブル美白」の効能が厚生労働省から認められた日本初の薬用美容液だ。「インナーシグナル(Inner Signal)」「ウル・オス(UL・OS)」に続く3つ目のスキンケアブランドとなる。

日本で発売されている美白製品はシミ要因のどちらかにアプローチするものだが、「サクラエ」は抑制と排出の両方に働きかける美白効能を備えている。メラニンは本来、紫外線から肌を守る役割を担っているが、長時間受けることでメラニンが過剰に生まれシミの原因になる。「サクラエ」は、紫外線などの影響によって過剰に生まれてしまうメラニンとターンオーバーと呼ばれる肌の新陳代謝の遅れなどによって溜まってしまうメラニンの両方に働きかける。

ブランド名は、『源氏物語』のなかで光源氏がまとっていた「桜の重(さくらのかさね)」に由来しており、容器デザインも「桜の重」の色が透け合うイメージを表現している。美容液はブランド名の通り、ほのかな桜の香りが特徴だ。

同日開催された発表会に登壇した大塚製薬の井上眞社長は、「当社は人間の身体はユニットだと考えています。身体の問題を解決するには、身体全体を理解する必要があります。体重の約16%を占める器官である皮膚に着目し、肌の健康にも貢献したいという思いからコスメディクス事業を手掛けてきました。皮膚の健康に貢献することで女性の社会進出にも貢献していきたい」と、「サクラエ」の開発に込めた思いを語った。

「サクラエ」は、洗顔後に顔全体に馴染ませ美容成分をしっかりと浸透させる。美容成分は温めることで浸透しやすくなるため、洗顔は人肌程度のぬるま湯で行い、ホットハンドケアで肌温度を上げながら浸透させるとより効果的だ。「サクラエ ダブルアクションセラム」は、13,000円で内容量は33mLで約1カ月分。通信販売サイト「コスメディクスjp」限定で発売。今後、ラインアップが追加されるかどうかは検討中だ。

READ MORE