News
  • share with weibo

France|色彩の魔術師 エマニュエル・ウンガロが86歳でパリで死去 

Dec 23, 2019.高村 学Tokyo, JP
VIEW62
  • share with weibo
Photo:Pier Marco Tacca

ファッションデザイナーのエマニュエル・ウンガロ(Emanuel Ungaro)が2019年12月21日、フランスのパリで死去したと複数の海外メディアが報じた。86歳だった。エマニュエル・ウンガロは、1933年にフランス南部で生まれ、スペイン人デザイナーのクリストバル・バレンシアガ(Cristobal Balanciaga)に師事したのち、1965年に自身のブランド「エマニュエル・ウンガロ(Emanuel Ungaro)」を立ち上げた。80年代は色彩の魔術師と称され、パリ・エレガンスを牽引する代表的存在だった。1996年にサルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)社に会社を売却してからは表舞台に出ることもなくなり、フェラガモ社も2005年にエマニュエル・ウンガロ社を手放していた。2004年にはファッション業界から引退し、その後は体調を崩していたという。

READ MORE