BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

阪急阪神百貨店を運営するエイチ・ツー・オーと髙島屋が資本提携を解消

Nov 3, 2022.セブツー編集部Tokyo,JP
VIEW187
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

阪急阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オー リテイリング(以下、H2O)と髙島屋は11月2日、2008年に合意した資本・業務提携を解消すると発表した。H2Oと髙島屋は2008年の合意から3年以内の経営統合を目指していたが、株式を持ち合う政策保有株式の動きや両社を取り巻く環境の変化を踏まえて統合を断念した。業務提携においては、婦人服や服飾雑貨、中元・歳暮ギフトでの共同商品の開発などで一定の成果があったとしている。両社は11月4日に双方の株式を売却し、自社株を買い入れる。H2Oは保有する髙島屋の株式889万株を売却し、2023年3月期に38億円の売却益を計上する見込み。髙島屋は保有するH2Oの株式625万株を売却し、2023年2月期に26億円の売却益を計上する見込み。今後、業務提携は継続するとして、これまでの取り組みに加えて、廃プラスチックやフードロスなどサステナビリティ領域での取り組みなどで関係を強化していく。

READ MORE