BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Japan|豊島がWWFジャパンと協働 地球環境の保全とサステナブルの普及拡大を目指す

Dec 10, 2019.高村 学Tokyo, JP
VIEW92
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
左から、モデルでエシカルファッションプランナーの鎌田安里紗、豊島の豊島半七代表取締役社長、WWFジャパンの東梅貞義自然保護シニアディレクター、豊島の溝口量久執行役員営業企画室室長

豊島は、地球環境の保全とサステナブルの普及拡大に向けて、WWF(World Wild Fund for Nature、世界自然保護基金)ジャパンと日系ファッション企業としては初となる協働の取り組みを開始する。プラスチックごみに代表される環境汚染や、持続可能な開発目標(SDGs)への社会的関心が集まるなか、地球上で2番目の環境汚染産業*と言われるファッション業界においても持続可能な生産・消費への転換が大きな課題となっているが、サステナブルな世界標準の推進を協働していく。

豊島は、アパレル生地・原料の取引や最終製品の企画など総合的に事業を展開し、環境負荷を軽減する天然繊維を取扱ってきた。また、国内最大級のオーガニックコットン普及プロジェクト「オーガビッツ」や廃棄食料を再活用するフードテキスタイルなど、継続的にサステナブルなプロジェクトを展開し、長年にわたり持続可能な経営に取り組んできた。WWFジャパンは世界100か国以上で活動する環境保全団体だ。森や海などの自然環境の保全、自然資源の持続可能な利用などを目指したプロジェクトを世界で展開している。

まず、「水スチュワードシップ」と「自然由来原料の調達」について目標設定の取り組みをスタートする。「水スチュワードシップ」は、達成目標年度を設定し、「水の利用、化学物質の利用、排水」の水リスク課題について、豊島社内、製造委託先、パートナー企業と共有・把握し、協働して改善活動を推進していく。「自然由来原料の調達」については、製品や付属する資材に使用する自然由来材料につき、トレーサビリティがとれている、かつサステナブルな認証が得られた素材の調達に関する目標を掲げ、サプライチェーン全体での取り組みおよび普及啓発活動を継続的に行っていく。

2019年12月10日に開催された発表会に登壇した豊島の豊島半七社長は、「当社は地球に優しいことをしようということで、30年前にテンセルの取り扱いを始め、15年前にはオーガニックコットンの普及プロジェクト『オーガビッツ』を始めた。5年前には食材を使ったフードテキスタイルを始め、サステナブルに対する取り組みは私どもの責任として継続してやってきている」と、語った。

*参考:国連貿易開発会議(UNCTAD)

READ MORE