BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

資生堂の通期決算は最終利益が45.6%減の見込み 

Aug 12, 2022.高村 学Tokyo,JP
VIEW7
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

資生堂は8月10日、2022年12月期の第2四半期(2022年1月〜6月)の連結決算を発表した。売上高は4933億9900万円(前年同期比0.4%減)、営業利益は169億7900万円(前年同期は211億7900万円の赤字)、親会社の所有者に帰属する四半期利益は162億4600万円(同281億1300万円の赤字)だった。「ナーズ(NARS)」の売上高が前年同期比で26%増、「クレ・ド・ポー ボーテ(clé de peau Beauté)」が同6%増と好調だった。

また、同社は2022年12月期の通期連結決算の業績予想の修正を発表した。売上高は1兆700億円(前回発表は1兆750億円)、営業利益は338億円(同668億円)、親会社の所有者に帰属する四半期利益は255億円(同440億円)に修正した。営業利益は前年比66.4%減、当期利益は同45.6%減と大幅な減益になる見通しだ。日本市場は景気回復が遅れており、2019年レベルへの回復は今期中は見込めないとしている。さらに、中国市場は失業率の増加や度重なるロックダウンによる経済減速が響いた。

READ MORE