FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

ワインと時計をこよなく愛する男・三宅スタンレーの連載第3回:ロレックス デイトナ グリーンダイヤル

Aug 18, 2022.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW206
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

人生を楽しむ術を知り尽くした男、三宅スタンレー。人生を豊かなものにしてくれるワインと時計との出会いを求めて、いつも世界のどこかを旅している。先月から始まった連載では、三宅スタンレーがこよなく愛するワインと時計を紹介していきます。

------------------------------------------

みなさん、こんにちは。三宅スタンレーです。今月は2人の偉大なファッションデザイナーの訃報に接しました。8月5日に三宅一生さん、8月11日に森英恵さんがお亡くなりになりました。世界で活躍する日本人のファッションデザイナーの草分け的な存在として知られているお2人です。特に森英恵さんは先駆者ですね。今から57年も前の1965年にニューヨーク・コレクションに初めて参加し、さらに1977年には東洋人として初めてパリでオートクチュール・コレクションを発表しました。私も若いころから世界を相手にビジネスを展開してきましたが、あの時代に女性ひとりでアメリカとフランスに乗り込んでいったそのバイタリティには本当に感服です。偉大な功績を残されたお2人のご冥福を心からお祈り申し上げます。

さて、今回紹介するウォッチコレクションは、「ロレックス デイトナ 116508 グリーンダイヤル(ROLEX DAYTONA 116508 Green Dial)」です。「ロレックス」のコーポレートカラーのグリーンを採用した金無垢モデルで、プロのカーレーサーの究極の時計となるために誕生した一本です。「デイトナ」という名前も、モーターレースの聖地と呼ばれるモンタナ州デイトナへの敬意を表して名づけられました。偉大な2人のファッションデザイナーが日本のファッション業界に長年貢献してきたように、「ロレックス デイトナ」も1963年に誕生してから今日までモータースポーツの世界に多くの貢献をしてきました。最近では「デイトナマラソン」と呼ばれる入手競争もあるようですが、「ロレックス」のなかでも特に人気の高い時計です。第1回に「パテック フィリップ」の「5327G グランド・コンプリケーション」を紹介しましたが、どちらも私のウォッチコレクションのなかで特に愛着のある時計です。

「ロレックス デイトナ グリーンダイヤル」は、ダイヤルに採用されているグリーンが特徴的ですが、風水ではグリーンは若々しさの象徴とされています。活力や英気が少し足りていないなと感じたときにこの時計を巻くようにしています。私も生涯現役だった森英恵さんと三宅一生さんのバイタリティを見習いたい、「ロレックス デイトナ グリーンダイヤル」を腕に巻きながらそんな思いに駆られた一日でした。それでは、みなさん、アデュー!また次回!

 

READ MORE