FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

銀座ランチ日記 その16「銀座 岡半本店」

Sep 2, 2023.三浦彰tokyo, JP
VIEW1504
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
撮影:セブツー

銀座の並木通りは、1000円台でランチが食べられる飲食店は少ない。銀座7丁目にある金田中(かねたなか)ビルの7階(すき焼・しゃぶしゃぶ)と8階(鉄板焼)にある金田中グループの「岡半(おかはん)」に凄いランチサービスがあると聞いていた。。ランチサービスがあるのは8階のほうだ。桑焼ハンバーグ(1800円)、リブロース薄焼(120g、3000円税込)、サーロイン小角ステーキ(120g、3000円)。リブロースとサーロインにはそれぞれ5割増量の180gで3800円のコースもある。実は2023年5月から狙っていたリブロース、サーロインともに2000円から3000円に値上げしたのを知らずに入店した。2000円と3000円の違いは庶民にとっては大事である。流石にこのランチ日記で3000円は対象外だが、入ってしまったものはしようがない。リブロースの方を注文した。

鉄板を挟んで料理人が焼いてくれるのを眺めることができる。シーザーサラダ、オニオングラタンスープ、赤出味噌汁、ライス(おかわり自由)、食後のドリンク(コーヒーか抹茶を選択)というラインナップ。リブロースはまずまずというところか。椅子から飛び上がるような旨さではない。これに焼いた短冊野菜とバター醤油にからめて焼いたきしめんが付いてくる。これもそこそこという感じではあった。一番印象に残ったのは食後の抹茶だと言ったら怒られるか。これも小さくていいから茶菓を付けてほしいところではあった。

そう言えば、この銀座・並木通りの金田中ビルの6階に「宵待草」という銀座を代表するクラブがあって、ここに今話題の木原誠二内閣官房副長官の夫人がナンバーワンホステスとして勤務していたのだが、すでに店は移転か閉店しているようだった。

採点(5点満点で3.5点が合格点)は3.0点。

READ MORE