BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

ギャップの21年期通期決算は「オールド・ネイビー」が好調で売上高約1兆9000億円 注目はウェルネスブランドの「アスレタ」

Mar 6, 2022.Tokyo, JP
VIEW530
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
Old Navy Store Interior

ギャップは3月3日、2021年期通期決算を発表した。売上高は166億7000万ドル(1兆9139億6605万円*、前年比20.7%増、前々年比1.7%増)、営業利益は8億1000万ドル(930億15万円*、前年は8億6200万ドルの赤字、前々年比41.1%増)、当期純利益は2億5600万ドル(293億9264万円*、前年は6億6500万ドルの赤字、前々年比27%減)だった。

ブランド別の売上高では、「オールド・ネイビー(Old Navy)」が90億8200万ドル(1兆427億4983万円*)、「ギャップ(Gap)」が40億6300万ドル(4664億9334万円*)、「バナナ・リパブリック(Banana Republic)」が19億7600万ドル(2268億7444万円*)、アメリカでのみ展開されているアスレジャーブランドの「アスレタ(Athleta)」が14億3200万ドル(1644億1508万円*)だった。「アスレタ」は、女性の福祉をサポートする同ブランドのデジタルコミュニティである「アスレタ・ウェル(Athleta Well)」のローンチから6ヶ月の間にウェルネス分野で大きな成長を観測しており、その他デジタル部門での強みにも牽引されて、2023年度までに売上高が20億ドルに達することが見込まれている。

地域別の売上高では、アメリカ合衆国(プエルトリコ、グアム含む)が141億1700万ドル(1兆6208億4335万円*)、カナダが12億5200万ドル(1437億4838万円*)、ヨーロッパが3億4000万ドル(390億3710万円*)、アジアが7億1000万ドル(815億1865万円*)だった。

同社は、2022年度内に「オールド・ネイビー」と「アスレタ」の店舗をそれぞれ約30〜40ずつ出店する予定だ。一方、北米での350店舗の閉店も計画されており、「ギャップ」「バナナ・リパブリック」はそれぞれ約50〜60店舗ずつ閉鎖される予定だ。

*1ドル=114円換算(3月6日時点)

READ MORE