News
  • share with weibo

Japan|韓国・香港の不振で「ユニクロ」擁するファーストリテイリングが通期下方修正 

Jan 9, 2020.高村 学Tokyo, JP
VIEW152
  • share with weibo
韓国のグローバル旗艦店の明洞中央店

「ユニクロ(UNIQLO)」や「ジーユー(GU)」を展開するファーストリテイリングは2020年1月9日、2020年8月期の第1四半期連結決算(2019年9月1日~2019年11月30日、国際会計基準を適用)の決算を発表した。売上収益が6234億円(前年同期比3.3%減)、営業利益が916億円(同12.4%減)と、減収減益になった。主に韓国ユニクロ事業と香港ユニクロ事業が大幅な減収減益となったことに加え、気温が高く推移したことで国内ユニクロ事業の利益が想定を下回ったため。

国内ユニクロ事業は、売上収益が2330億円(前年同期比5.3%減)、営業利益は385億円(同1.6%増)と、減収増益になった。既存店売上高(Eコマースを含む)は同4.1%減の減収となった。海外ユニクロ事業は、売上収益が2807億円(前年同期比3.6%減)、営業利益は378億円(同28.0%減)と、減収減益だった。グレーターチャイナは為替影響を除くと増収増益だったが、上記理由による韓国・香港の不振の影響で営業利益は大幅な減益になった。

ジーユー事業は、売上収益は729億円(前年同期比11.4%増)、営業利益は123億円(同44.4%増)と、大幅な増収増益になった。気温が高く推移した中で、それに対応した商品構成が奏功したため。

また、通期の業績予想を現在の韓国・香港の状況を考慮し下方修正した。売上収益は2兆3400億円(修正前は2兆4000億円)、営業利益は2450億円(修正前は2750億円)、当期利益は1650億円(修正前は1750億円)に修正した。

READ MORE