FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

チケットの販売開始!「アジア・アーティスト・アワード」が史上初の後夜祭ガラショーを開催

Nov 9, 2022.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW3736
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

韓国系ウェブメディア『KOREA WAVE』を運営するMONEYTODAY JAPAN(マネートゥデー ジャパン)は11月9日、韓流のトップスターが一堂に集まる「アジア・アーティスト・アワード(Asia Artist Awards、以下AAA)」の後夜祭としてガラショー「2022 AAA AFTER STAGE」が12月14日に開催されると報じた。会場は名古屋・日本ガイシホールで、チケットは8,800円。

K-POPの「現在」と「未来」を背負いワールドワイドに活躍するソ・イングクを始め、PENTAGON、VERIVERY、AleXa、TFN、KINGDOM、LIGHTSUM、Billlie、Kep1er、TRENDZ、TEMPEST、Lapillusが出演し、さらにインドネシアの若き歌姫リオドラ(Lyodra Ginting)がライブパフォーマンスを披露する。MCは前日の授賞式にも登場するファン・ミニョン(ミンヒョン)と、日韓合同グローバルガールズグループのIZ*ONEで活躍し、先日HKT48卒業を発表した矢吹奈子がガラショーを華々しく彩る。

チケットの先行発売(抽選)は11月9日10時から11月13日23時59分まで、一般発売(先着)は11月18日10時から12月13日23時59分までを予定している。チケットの詳細、購入は「チケプラ」特設サイトで確認できる。
https://tixplus.jp/feature/asiaartistawards2022_afterstage/

■主な出演ラインアップは下記の通り。

前日の授賞式に俳優としてレッドカーペットを歩くソ・イングクは、14日の「2022 AAA AFTER STAGE」ではアーティストとして登場する。昨年6月22日、ドラマ『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』で3年ぶりに歌手としての活動を再開している。今年6月にはニューシングル『LOVE&LOVE』のタイトル曲『MY LOVE』がBugs音源チャート1位を獲得。収録曲『BE MY MELODY』もチャートインさせ、歌手として最高のカムバックを飾っている。

「2022 Asia Artist Awards in Japan」に9人全員が揃って出演予定のPENTAGON(ジノ、フイ、ホンソク、シンウォン、ヨウォン、イェナン、ユウト、キノ、ウソク)は1月、ミニアルバム『IN:VITE U』をリリース。iTunes TOPアルバムチャート全世界30地域で1位を獲得し、ワールドワイドでの人気を立証した。先月には日本でミニアルバム『Feelin'Like』を発売し、日本でのコンサートツアー「PENTAGON 2022 LIVE IN JAPAN~Feelin'Like~」も大盛況だった。

VERIVERY(ケヒョン、ホヨン、ミンチャン、ヨンスン、ドンホン、ヨノ、カンミン)は、今年4月発売の1stアルバム『SERIES ‘O’ [ROUND 3 : WHOLE]』で、アーティストとして成長した姿を魅せてくれた。このアルバムは初動販売数10万枚を突破し、HANTEOチャートのブロンズ認証牌を受賞。最近ではアメリカ16都市でのツアーを盛況に終え、グローバルアーティストとして積極的な活動を見せている。


A.Iの世界観をコンセプトとするソロアーティストAleXaは2022年も意欲的な活動を続けてきた。米国NBCのオーディション番組『American Song Contest』では、他の強力なライバルを差し置いてK‐POPアーティスト史上初の総合優勝を果たし、K-POPの新しい歴史を作った。10月18日から初の単独米国ツアーが進行中で、グローバルアーティストとしての地位を確固たるものにしている。

世界中で幅広いファンから支持を得ているTFN(ノア、シアン、ケビン、ゴヌ、レオ、オン、ゼロ、カイリ、キオ)は今年、韓国・日本・南米諸国など世界中を駆け巡り活発なアーティスト活動を繰り広げている。今年8月にはK-POPグループとしては初となるスペイン語による新曲『When the sun goes down』を発表するなど、グローバルアイドルとしての存在感をいかんなく発揮している。今年10月17日、「T1419」からTFNにグループ名を変更し、新たな活動を開始している。


雄大で独創的、ファンタジー映画のようなストーリー展開でファンを魅了するKINGDOM(フォン、ジャハン、ダン、アーサー、ムジン、ルイ、アイバン)は今年、2枚のミニアルバム『History Of Kingdom : PartⅣ. Dann』、『History Of Kingdom : PartⅤ. Louis』をリリース。また、インド最大規模の韓国文化祭「”Rang De Korea" K-IND Festa, 2022」に招待されるなど、K-POPの文化交流担当としての役割を果たしている。


卓越したビジュアルとパフォーマンスの両方を兼ね備えたグループLIGHTSUM(サンア、チョウォン、ナヨン、ヒナ、ジュヒョン、ユジョン)は2021年彗星のごとく登場し、国内はもちろん全世界のK-POPファンに強烈なインパクトを残した。今年は1stミニアルバム『Into The Light』を発売。全世界が注目する第4世代のアイコンに浮上する彼女らは「KCON 2022 US TOUR」で米国6つの都市を横断し、グローバルに展開する熱いルーキーとして大活躍を続けている。


完成度の高い音楽と差別化された歌詞で、第4世代アーティストの中でも個性的なストーリーテリングアイドルとして位置づけられているBilllie(シユン、スヒョン、つき、ション、ハラム、ムンスア、はるな)は、今年初めに2枚目のミニアルバム『the collective soul and unconscious: chapter one』をリリース。収録曲「GingaMingaYo (the strange world)」はこの6月、タイム誌が発表した「The Best K-Pop Songs and Albums of 2022 So Far」でベストポップに選ばれた。8月にはミニアルバム『the Billage of perception: chapter two』で韓国内の人気はもとより、イギリスNME、日本のオリコンニュース、ビルボードジャパン等の海外メディアでも多数取り上げられ、第4世代K-POPアーティストの代表となっている。


韓国人6人、日本人2人、中国人1人で構成されるKep1er(ユジン、シャオティン、マシロ、チェヒョン、ダヨン、ヒカル、ヒュニンバヒエ、ヨンウン、イェソ)は、22年1月3日、1stミニアルバム『FIRST IMPACT』で鮮烈なデビューを飾った。9月10日、11日には幕張メッセ、幕張イベントホールにて日本デビューショーケース『FLY-UP』を開催。満員のオーディエンスを前に圧巻のパフォーマンスを披露した。10月13日に3rdミニアルバム『TROUBLESHOOTER』をリリースし、今ますます勢いに乗っている。

TRENDZ(ハビッ、リオン、ユヌ、ハングク、ラエル、ウニル、イェチャン)は今年、デビューアルバム『BLUE SET Chapter 1. TRACKS』とミニアルバム『BLUE SET Chapter 2. CHOICE』を発表し、K-POP界に彗星の如く登場しました。パワフルなパフォーマンスと自由奔放なエネルギーを放出し、TRENDZならではの強烈なアイデンティティを構築。11月には作曲家兼プロデューサーであるLEEZとタッグを組み、新しいアルバムを発売する予定だ。

TEMPESTは今年、デビューアルバム『It's ME, It's WE』、ミニアルバム『SHINING UP』をリリース。人気急上昇のグループ。「2022年今年のブランド大賞」では男子アイドル(新人)部門を受賞し、2022年を代表する新人アイドルグループとして位置づけられている。


今年6月、初のシングル『HIT YA!』でデビューしたLapillus(シャンティ、シャナ、ユエ、ベシ、ソウォン、ハウン)は先月、ミニアルバム『GIRL's ROUND Part. 1』を発売。揺るぎないライブの実力と隙のないパフォーマンスでグローバルファンたちに強い印象を与えたLapillusは、韓国の今年度新人アーティストNo.1候補に挙がっている。


インドネシアのリオドラ(Lyodra Ginting)は歌手、俳優として活躍し世界中から注目を集めるアジアの新星。ホイッスルボイスと言われる高音を巧みに使いこなす彼女は昨年、自身の名を冠した1stアルバム『Lyodra』をリリース。インドネシア・ミュージック・アワード2021のオンライン投票で見事1位を獲得し、「アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。Instagramのフォロワー数は252.8万人以上、またTiktokアワード2022で「ミュージシャン・オブ・ザ・イヤー」に輝くなど、インフルエンサーとしても突出している。

 

■【2022 AAA AFTER STAGE】概要
開催日:2022年12月14日(水)
昼公演 OPEN:14:00/START:15:00
出演:ソ・イングク、PENTAGON、VERIVERY、AleXa、TFN、KINGDOM、LIGHTSUM、Billlie、TRENDZ、TEMPEST、Lapillus、リオドラ(Lyodra Ginting)
MC:ファン・ミニョン(ミンヒョン)、矢吹奈子

夜公演 OPEN:18:30/START:19:30
出演:ソ・イングク、PENTAGON、VERIVERY、AleXa、TFN、KINGDOM、LIGHTSUM、Billlie、TRENDZ、TEMPEST、Lapillus、Kep1er
MC:ファン・ミニョン(ミンヒョン)、矢吹奈子

開催場所:名古屋・日本ガイシホール(名古屋市南区東又兵ヱ町5-1-16)
チケット:8,800円(税込)


【Asia Artist Awardsとは】
Asia Artist Awards(アジアアーティストアワード、略:AAA)は、K-POP、K-Drama、K-Movieが融合した韓国初のアジアの授賞式。一年を通じてアジアと韓国の音楽界で輝いたアーティストを中心に、視聴者投票、デジタルチャート、CDの販売数、専門審査委員会の審査結果を総合して受賞者を選出する「音楽部門」。地上波またはケーブルテレビ等、全てのチャンネルの作品を審査する「ドラマ部門」の授賞式が融合したアジア最大級のライブイベント。今年(2022年)は日本での開催が決定。12月13日(火)名古屋・日本ガイシホールにて行われ、SEVENTEEN、THE BOYZ、Stray Kids、ITZY、TREASURE、IVE、Kep1er、LE SSERAFIM、NewJeans、PENTAGON、KARD、チェ・イェナ、NiziU、NMIXX、TEMPEST、キム・ソンホ、ソ・イングク、ファン・ミンヒョン、イ・ジェウク、カン・ダニエル等々、K-POPシーンを代表するアーティストや豪華俳優陣が本会場に集結する。

イベントへの参加方法、当日の詳細などは、下記から随時アナウンスされる。
「2022 AAA 日本公式サイト」(https://www.asiaartistawards.jp/)
「2022 AAA 日本公式Twitter」(https://twitter.com/aaa2022_jp)
「もっと知りたい!韓国TVドラマ編集部Twitter」(https://twitter.com/mokkanhenshu)

本イベントの主催は韓国・STARNEWSと日本・株式会社メディアボーイ(本社:東京都港区 代表:
稲垣登)。主幹はTHE STAR PARTNER。

写真提供:ファン・ミニョン(PLEDIS ENTERTAINMENT), 矢吹奈子(Vernalossom), ソ・イングク(STORY J COMPANY), AleXa(ZB LABEL), リオドラ(Star Media Nusantara), PENTAGON、LIGHTSUM(CUBE ENTERTAINMENT), VERIVERY(JELLYFISH ENTERTAINMENT), TFN、Lapillus(MLD ENTERTAINMENT), KINGDOM(GF ENTERTAINMENT), Billlie(MYSTIC STORY), Kep1er(WAKEONE、SWING ENTERTAINMENT), TRENDZ(Global H media), TEMPEST(YUE HUA ENTERTAINMENT)

© STARNEWS・MEDIABOY

 

READ MORE