News
  • share with weibo

Japan|シブヤ系再ブームか?「渋谷パルコ」のBGMを小山田圭吾が監修 小沢健二は13年ぶりとなるアルバムを発売

Nov 18, 2019.高村 学Tokyo,jp
VIEW231
  • share with weibo
左:小山田圭吾、右:小沢健二の新作アルバム『So kakkoii 宇宙』

2019年11月22日にグランドオープンを迎える新生「渋谷パルコ(PARCO)」のオリジナルBGMを、小山田圭吾のソロユニット「コーネリアス」が監修する。小山田圭吾は、1998年に「フリッパーズ・ギター」のメンバーとしてデビューし、後に加わった“オザケン”こと小沢健二とともに「シブヤ系」と呼ばれるムーブメントを牽引したミュージシャンだ。11月13日には小沢健二が13年ぶりとなるオリジナルアルバム『So kakkoii 宇宙』を発売し、往年のファンに間で再び盛り上がりをみせている。

11月24日には「コーネリアス」のスペシャルライブを「渋谷パルコ」の某所にて開催する。抽選で30組60名様を招待。チケットの応募詳細は、「渋谷パルコ」のinstagram(@parco_shibuya_official)にて発表する。
■LIVE 概要 –
*タイトル:CORNELIUS live show case “SHIBUYA PARCO sound check 1・2”
*日時:11/24(sun)Doors Open: 7:00 pm/DJ Time: 7:00 pm/Show Time 8:00
*会場:渋谷PARCO 某所
*Guest DJ:瀧見憲司
*協力:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン
LIVEへのご参加は当選者の方に限ります。チケット販売はございません。

READ MORE