News
  • share with weibo

Global|「ルイ・ヴィトン」2019年プレフォールはクロエ・グレース・モレッツらを起用

Jan 23, 2019.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW62
  • share with weibo

「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が、2019年プレフォールコレクションのルックを公開した。モデルには17人の個性豊かなセレブリティが起用され、これまでにない豪華なルックになっている。

ルックでは、映画『キック・アス(Kick-Ass)』で一気にブレイクしたクロエ・グレース・モレッツ(Chloë Grace Moretz)や、『グレイテスト・ショーマン(The Greatest Showman)』や『ヴェノム(Venom)』の出演がまだ記憶に新しいミシェル・ウィリアムズ(Michelle Williams)、2015年作の『007 スペクター(Spectre)』でボンドガールを務めたレア・セドゥ(Léa Seydoux)、日本でも『空気人形』などで知られる韓国人女優のペ・ドゥナ(Bae Doo-na)らが、それぞれチェック柄や花柄などのアイテムを身に纏っている。

また、トランスジェンダー女優のインディア・ムーア(Indya Moore)も登場。彼女が「ルイ・ヴィトン」のキャンペーンに参加するのは今回が初めてである。

READ MORE