News
  • share with weibo

Japan|「セブンイレブン」が時短営業・深夜休業を容認 24時間営業の原則を見直し指針策定

Oct 22, 2019.高村 学Tokyo, JP
VIEW471
  • share with weibo

セブン-イレブン・ジャパンは2019年10月21日、「深夜休業ガイドライン」を新たに制定し、11月から営業時間を短縮した時短営業・深夜休業を実施すると発表した。11月から深夜休業するのは8店舗。本部側は事前に休業実験を経るよう促していくが、深夜休業を実施するか否かについては加盟店オーナー自身の判断に任される。これまで24時間営業を原則としていたが、コンビニの事業モデルの大きな転機となる。

24時間営業をめぐる問題は、今年2月1日に加盟店との間で勃発し、4月8日付で古屋一樹・社長が取締役会長に退き、永松文彦・副社長が社長に就任するという社長人事にまで発展していた。業績の下方修正もあって株価は下落し、4月9日には前日比−106円の3975円で終了し、久方振りに4000円台を割り込んでいた。

日本フランチャイズ協会によると、2018年時点でコンビニの業界規模は約10兆円9646億円あり、このうち「セブンイレブン(7-Eleven)」は42%のシェアを握る。時短営業の実施による収益への影響は限定的としているが、しかしこの24時間営業問題とは、コンビニの事業モデルのあり方を根本から問い直す問題として「セブンイレブン」に突きつけられているのではないだろうか。

関連記事:

Japan|「セブンイレブン」が1000店舗を閉店・移転 コンビニ大閉鎖時代の到来か?

Japan|セブン王国を揺るがすFC一揆

オススメ記事:

Global|LVMHグループが「ティファニー」に買収提案か?欧米メディアが報道France|ステラ・マッカートニーのLVMHへの移籍が「サステナブル」の重要性を再認識させた
Global|2019年1〜6月決算で仏ラグジュアリーグループLVMH、ケリングが好調
Korea|韓国版「WWDコリア」がローンチで国際化を加速 編集長は韓国版「VOGUE」元ディレクターを起用
Japan|情けない!UAのECは大丈夫か?またまたZOZO頼みになったユナイテッドアローズのEコマース
Global|LVMHグループが「ティファニー」に買収提案か?欧米メディアが報道
Japan|「アディダス」がサッカー日本代表ユニフォームに関する一部報道に「当社の発表に基づくものではない」と声明
Japan|「セブンイレブン」が時短営業・深夜休業を容認 24時間営業の原則を見直し指針策定Japan|希望退職募集を中止したレナウンの甘すぎる企業体質
Japan|オンワードHDが600店舗をクローズ 40以上あるブランドのうち不採算ブランドは廃止を検討

READ MORE