News
  • share with weibo

Japan|オンワードHDが600店舗をクローズ 40以上あるブランドのうち不採算ブランドは廃止を検討

Oct 7, 2019.高村 学Tokyo, JP
VIEW395
  • share with weibo
オンワードグループの公式Eコマース「オンワードクローゼット」より

オンワードホールディングスは2019年10月4日、取締役会を開催し、グローバル事業構造改革を実施することを決定した。前日には、2020年2月期の業績見通しを大幅に下方修正した。営業利益は55億円から12億円に引き下げ、55億円の黒字を見込んでいた純損益は240億円の赤字に引き下げた。不採算事業からの撤退や規模縮小、不採算店舗の廃止等の事業の選択と集中を実施し、不採算ブランドは廃止を検討する一方、デジタル、カスタマイズ、ライフスタイル等の成長領域への投資を強化する。

オンワードグループは、「23区」「五大陸」「組曲」などのオリジナルブランドと、「ダックス(DAKS)」「ジル・サンダー(JIL SANDER)」「Jプレス(J.PRESS)」などの海外ブランド、それに法人向けブランドの3カテゴリーを展開し、ブランド数は合わせて40以上になる。2019年3〜8月期は、オンワード樫山の主力ブランド「23区」「ポール・スミス」などは増収だったものの、「自由区」「五大陸」などが前年を下回った。

 

関連記事:

Japan|「セブンイレブン」が1000店舗を閉店・移転 コンビニ大閉鎖時代の到来か?

Japan|セブン王国を揺るがすFC一揆

Japan|オンワードはなぜここまで追い詰められたのか?<前編>

Japan|オンワードHDが韓国から撤退 「オープニングセレモニー」は閉鎖

Japan|オンワードHDが600店閉店!本当に困るのはどこだ?

オススメの記事:

Global|ファストリが過去最高決算を更新 「ユニクロ」の海外事業が初めて1兆円を突破、海外・国内は売上逆転

Japan|しまむらは復活しているのか?株価復調も「しまむら離れ」の懸念 しまらーはいずこに?

Japan|サンモトヤマが約9億7150万円の負債で破産手続き開始 苦境続いていた銀座の老舗がついに自己破産

Japan|伊勢丹新宿店の店長も元ラグビー部 伊勢丹屋上でラグビーワールドカップのパブリックビューイング開催

India|「ユニクロ」のインド1号店がニューデリーにオープン 年内に3店舗体制でインド市場に本格参入

Japan|スマートジャケットでリーバイ・ストラウス ジャパンの株価がストップ高

 

READ MORE