FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

新たな才能に出会える「クリエイション」の祭典!「ニューエナジー」が新宿・三角広場で開催中 

Feb 16, 2024.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW203
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
「ヒカソ(HiKASO)」のデザイナーの辻野伽凛(撮影:セブツー)

ブルーマーブルがキュレーションするイベント「ニューエナジー(NEW ENERGY)」が2月15日から18日までの間、東京・新宿の新宿住友ビル三角広場で開催している。毎回、1万人以上を動員しており、今回は例年以上の来場者を見込む人気イベントだ。今回の「ニューエナジー」は、ファッションを始め、コスメや生活雑貨、食といった多彩なブランドが約250ほど出店している。

メインの第1会場では、ポルトガルで130年以上の歴史があるボディケアとフレグランスのブランド「クラウス ポルト(CLAUS PORTO)」を始め、スタイリストの相澤樹がディレクションするブランド「トリンカアンプリュアン(trinca un plus un)」やKingGnu、きゃりーぱみゅぱみゅなどの特殊メイクを手掛ける特殊メイクアーティストの快歩らがブースを設けており、作品を展示している。

「ニコアンド(niko and ...)」は、VMDチームが立ち上げた「ニコアンド 東京 カーペンター」がブースを出店している。「アートな青果展」では、実際に収穫された野菜を3Dスキャンしたオブジェが飾られており、「ニューエナジー」でしか見ることができないユニークな展示が数多く展開されている。

第2会場は、産学官連携をテーマにしたブースが設けられており、文化服装学院やYKK、ブックオフなどが出店している。ブックオフは古着をアップサイクルした作品コンテスト「ReClothes Cup」を主催しているが、会場ではその受賞作品を展示している。古着を使い富士山を表現したドレスは、大村美容ファッション専門学校の久冨花奈によるもので審査員特別賞の受賞作品だ。

文化服装学院のアパレルデザイン科3年の辻野伽凛がデザイナーを務める「ヒカソ(HiKASO)」は、透け感のある素材使いが特徴で、「水曜日のカンパネラ」の詩羽がミュージックビデオで着用するなど、アーティストたちからも支持されている。

「ニューエナジー」の広報担当の江間亮子氏は、「ニューエナジーは、ファッション、ライフスタイル雑貨、ビューティー、アートやフードまで、様々な分野の注目クリエイター・ブランドが集結する『クリエイション』のお祭りです。感じて、買って、食べて、そして地球の未来を考える。クリエイションの熱気に満ちた会場で、五感を刺激する体験を!皆様のご来場をお待ちしています」と、語っている。

「ニューエナジー」は、来場登録を公式サイトで行えば、2月17日、18日は誰でも無料で入場できる。なお、2025年2月は国立代々木競技場第一体育館で4日間にわたって開催することが決定している。

READ MORE