BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Global|2016年創業のスーパークラシック&スーパーエレガントなラグジュアリー日傘

Jun 14, 2019.橋本雅彦Tokyo, JP
VIEW21
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

恵比寿のシャトーレストラン、ガストロノミー “ジョエル・ロブション”(Joël Robuchon)でフランスの日傘ブランド「エリノール(Elinor)」の展示会があった。実にクラシックなデザインで、これはきっと300年ぐらいの歴史のある由緒あるラグジュアリーブランドなのだろうと思ったら、2016年の創業だとエリノール社のラファエル・ベリエ(Raphaël Bellier)社長は言う。ベリエ社長は元エンジニアだが、こういう工芸品のもつエレガンスへの関心がもともとあったという。「フランスには『ロマンティズム インデュストリエル(Romantisme industriel)』という流れがあり、例えばエッフェル塔のシルエット、パリのブラッスリーの装飾、そしてオートクチュールの作品など。それが歴史あるフランスの職人芸と合体してできたのが、このラグジュアリーブランドの『エリノール』だ」とベリエ社長。今年6月にはリッツホテル内にショップをオープンしたり、ショールにアイテムを広げるなど順調に業容を広げている。今回の来日も日本でのデイストリビューターを探すためだという。とにかく頑丈で重く(布部分は二重)スーパークラシック&スーパーエレガント。価格は20万〜40万円。日本にもファンがいそうだが、実際に使うにはかなり勇気が要るようだ。

READ MORE