FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「セクシー田中さん」著者の芦原妃名子さんが死去 日テレに代わって小学館は真相の究明を

Jan 29, 2024.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW2296
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「セクシー田中さん」の著者で漫画家の芦原妃名子(本名:松本律子)さんが死去したことが明らかになった。1月28日から行方不明になり、関係者から行方不明者届が出されていたが、29日に栃木県日光市の川治ダムで死亡しているのが見つかった。現場から遺書のようなものが見つかっており、自殺とみられている。50歳だった。

なんとも痛ましく、そしてあまりに突然の訃報で、芦原妃名子さんのファンだけでなく日本中が大きな衝撃を受けているのではないだろうか。直前に日本テレビでドラマ化された自身の作品「セクシー田中さん」を巡る騒動があり、精神的に大きな負担となったことは想像に難くない。小学館を通じて日本テレビには、原作に忠実にすることを「ドラマ化の条件」として伝えていたものの、脚本は大きく改変され、挙げ句の果てには9話と10話は芦原妃名子さん本人が執筆する事態となっていた。

当事者である日本テレビは、芦原妃名子さんの死去に「2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」と、あまりに他人事なコメントを発表するだけで、真相を究明する気は全く感じられない。

芦原妃名子さんの著書のほとんどは小学館から発行されており、担当編集者とは長年にわたって信頼関係が構築されていたと思われる。芦原さんは小学館を通じて、「セクシー田中さん」のチーフプロデューサーの三上絵里子氏にたびたび申し入れをしていたそうだ。芦原妃名子さんの窓口でありいわば分身として、日テレ側に幾度も申し入れしていた担当編集者は今どのような思いでいるだろうか。SNS上では小学館に向けて、「名探偵コナン」を引き上げる気で日本テレビに徹底的に調査させるべきだという声などもあがっており、二度とこのような痛ましい出来事が起きないためにも真相の究明に努めてほしいものだ。

READ MORE